お知らせ
2022.09.20

グループホームを検討中の方に小規模多機能型居宅介護という選択肢

グループホームを検討中の方に小規模多機能型居宅介護という選択肢

小規模多機能型居宅介護とは「通い」「訪問」「宿泊」の3つのサービスを一つの事業所で提供できるフレキシブルなサービスです。グループホームは人気のサービスで入居まで待機しなければならないというケースも多く聞かれます。そのような時におすすめなのがこのサービスです。アクタガワの小規模多機能型居宅介護はグループホームに併設されています。

  • グループホームの空室待ちの方にオススメできる理由

介護サービス利用料金が毎月定額

グループホームを検討している段階では、ご本人様の認知症が進み、介護を必要とする場面が多くなっているのではないでしょうか。在宅生活を続けるために、介護サービスの利用も多くなっていると思います。小規模多機能型居宅介護は基本となる利用料金が毎月定額なので、サービス利用が増えることを心配する必要がありません。

必要に応じて「通い」「宿泊」「訪問」を使い分けることができる

介護を必要とする場面が増えれば、それに合わせた対応も必要となります。また、ご家族様の介護負担も大きくなっていると思います。このサービスはデイサービスのような「通い」を中心としながら、訪問介護のようにご自宅へ「訪問」して対応するサービス、ショートステイのような「泊り」を利用することができます。上手く使い分けることで、切れ目のないケアが可能であるとともに、一体的なケアで顔なじみの関係ができるため、ご本人様も安心いただけます。

登録者だけが「通い」「宿泊」できる施設

小規模多機能型居宅介護は利用定員が決められています。ショートステイなどは空室がないため利用できないといった話をよく聞きますが、小規模多機能型居宅介護では登録者のみが利用できる宿泊施設となっているため、宿泊を断られることが少ないと言えます。

家族送迎なら早朝から夜遅くまで利用が可能な「通い」サービス

認知症の方を家で一人にしておくことはご家族様も気が気ではないと思います。デイサービスを利用していても、デイサービスが迎えに来てくれるまでの時間や、デイサービスから帰ってもご家族様が帰宅するまでの時間が心配という多々も多いのではないでしょうか。小規模多機能型居宅介護では宿泊者もいるため、24時間運営しています。そのため、施設による送迎の時間では不安という方は、ご家族様が施設に送り迎えして、長く「通い」を利用することが可能です。事前にお申し出いただければ朝食や夕食の提供もできるので、一層安心いただけます。

24時間365日の事業所運営

日曜日や年末年始などデイサービスや訪問介護は事業所がお休みというところも多いです。小規模多機能型居宅介護は24時間365日運営しています。また、緊急時にも対応することができるので一層安心いただけます。

「自宅で介護するのはそろそろ限界」と感じてグループホームを検討されている方も、これらの特徴を活かすことで、待機期間のご家族様の介護負担を軽減できます。ご相談いただければ専属ケアマネジャーがそれぞれのご家庭の事情に合わせたサービス利用をご提案します。

  • 小規模多機能型居宅介護を利用する際の注意点

・ケアマネジャーは小規模多機能型居宅介護専属のケアマネジャーに変更となります。

・これまで利用していたデイサービス、デイケア、訪問介護、訪問入浴、ショートステイはご利用いただくことができなくなります。

  • ご利用料金

要支援1:3,438単位(自己負担額:3,438円)

要支援2 :6,948単位(自己負担額:6,948円)

要介護1 :10,432単位(自己負担額:10,432円)

要介護2 :15,318単位(自己負担額:15,318円)

要介護3 :22,283単位(自己負担額:22,283円)

要介護4 :24,593単位(自己負担額:24,593円)

要介護5 :27,117単位(自己負担額:27,117円)

※自己負担額は1割負担の方の場合です。

※上記利用単位の他、地域加算等の各種加算と宿泊時の居室料、通い・訪問時の食費が別途必要となります。

  • サービス提供施設

静岡市葵区

 ハートフルホーム城北

 ハートフルホーム西奈

静岡市駿河区

 ハートフルホーム八幡

 ハートフルホーム小鹿公園前

静岡市清水区

 ハートフルホーム有東坂

富士市

 ハートフルホーム厚原

関連アイコン関連記事

関連記事が見つかりませんでした。