生活リハビリ
2022.04.01

ハートフルホーム八幡 静岡市要介護度改善評価事業にて奨励賞を受賞しました

ハートフルホーム八幡 静岡市要介護度改善評価事業にて奨励賞を受賞しました

※記念撮影のため、一時的にマスクを外しています。

この度、ハートフルホーム八幡は、令和3年度静岡市要介護度改善評価事業で奨励賞を受賞致しました。施設の代表として山田ホーム長(写真右端)が市の庁舎に招かれ、表彰状を授与されました。

グループホーム_静岡

要介護度改善評価事業とは

「静岡市要介護度改善評価事業」とは、要介護度の改善につながる創意工夫のある効果的な取り組みを募集し、優秀な事例について表彰するものです。今回、ハートフルホーム八幡の小規模多機能型居宅介護サービスが選出されましたので、小規模における取組をご紹介していきます。

ハートフルホーム八幡の取り組み

ハートフルホーム八幡は小規模多機能型居宅介護と認知症対応型共同生活介護(グループホーム)を併設した介護施設です。小規模多機能型居宅介護とは、必要なサービスを必要に応じて、「通い」(デイサービス)を中心に「泊り」(ショートステイ)やご自宅への「訪問」(ホームヘルプ)を組み合わせることができるサービスです。小規模・グループホームのどちらのサービスにおいても、職員一同が全力でお客様の生活をサポートしております。

最も力を注ぐ『生活リハビリ』の取り組み

『生活リハビリとは』お客様が安心・安全に生活を継続できるよう、介護職員を中心に、計画作成、理学療法士・作業療法士のサポートのもと、運動や役割活動を通して安心・安全な生活を確立させ、その先の社会参加・役割の創出といった自己実現を目指します。

当施設では、リハビリ専門職が作成する個別プログラムの実施に加え、手足や指先のリハビリにつながるようなレクリエーションの考案、空いた時間を活用してのテーブルリハビリ(作業療法)の実施等、お客様に楽しんでいただきながらリハビリに取り組むための工夫を職員全員で考えています。

個別プログラムの一例

静岡市駿河区小規模多機能型居宅介護_生活リハビリ

事前にリハビリ専門職がお客様の身体能力を評価し、目指すべき目標を定めます。そして、その目標達成に向けて、上記のような個別のプログラムを作成しています。

個別プログラムの実施の様子①~テーブルリハビリ~

静岡市駿河区小規模多機能型居宅介護_生活リハビリ

写真は上肢や認知機能に働きかけるアクティビティ「テーブルリハビリ」の実施の様子です。ピンの並んだボードに輪ゴムを引っ掛け、見本と同じ形を作っていきます。注意機能やワーキングメモリー、指先の細かい操作能力を使ったリハビリメニューです。

個別プログラムの実施の様子②~リハビリ専門職による個別対応~

静岡市駿河区小規模多機能型居宅介護_生活リハビリ

リハビリ専門職である理学療法士の指導のもと、お客様の能力に合った運動メニューを実施します。写真は下肢のトレーニングの一場面で、左右同じ荷重をかけてバランスよく踏ん張る練習です。脳梗塞後で麻痺が残っていると、左右の手足をバランスよく使うことが難しくなる場合が多くあります。今自分の足にどれくらいの力をかけているのか、足の裏の感覚や、足に力を入れる感覚、そのタイミングなど、リハビリ職員が直接体に触れながら微調整をサポートしていきます。

介護職員との日々の取り組みと働きかけ

静岡市駿河区小規模多機能型居宅介護_生活リハビリ

毎日行う体操は、介護職員の工夫が満載です。写真は天気の良い日にベランダへ出て、日光を浴びながら棒体操を行っている様子です。日光を浴びることは、身体の中のビタミンDの生成を促し、骨を強くする効果もあります。また、棒を活用することで、普段自分の力で伸ばしきれない筋肉を使うことができたり、ストレッチ効果を上げることができます。他にも、ゴムチューブやボールを活用した体操など、バリエーションが豊富にあり、お客様に楽しんで健康維持をしていただくために知恵を絞っています。

職員の気づきの共有

紹介してきたような一つ一つの活動や作業を通して、職員が気付いたお客様の変化をカンファレンス等で共有し、リハビリ専門職からのアドバイスを交えて検討します。そして、次からの活動に活かしていきます。この職員による「気づき」こそが、大切な情報源となり、より快適で質の高いケアを提供することに繋がっています。

事例紹介

生活リハビリを通して小規模の宿泊サービスから在宅復帰へ繋がった事例をご紹介します。

静岡市駿河区小規模多機能型居宅介護_生活リハビリ 静岡市駿河区小規模多機能型居宅介護_生活リハビリ

こうしたお客様の喜びに繋がるよう、ハートフルホーム八幡の職員一同、日々取り組んでおります。生活リハビリの取り組みは小規模に限らず、グループホームでも行っており、お客様ひとりひとりの能力やご希望に沿ったサービスが提供できるよう、これからも励んで参ります。

静岡市要介護度改善評価事業の詳細はこちら(外部リンク)

お客様のコメント

H様「家に帰れて良かったよ。家が一番いいね」(事例紹介のお客様)

T様「リハビリの人にやってもらえるのは嬉しいね、肩が痛いから助かるよ」

K様「皆さんが良くしてくれるから、がんばれてるよ」

ホーム長からのコメント

今回の奨励賞の受賞は、職員の皆さんの日々の努力が形となった結果です。お客様の些細な変化も見逃さず、多職種が連携してサポートを行ったことで、お客様の目標を達成することができました。これからも、「もう一つの我が家」というコンセプトのもと、地域に根差した施設運営を目指していきます。

グループホーム_静岡

こちらのグループホームは

アクタガワ ハートフルホーム静岡八幡グループホーム(静岡市駿河区)

グループホーム_静岡

関連アイコン関連記事

イベント
2022.2.15
八幡グループホームのバレンタイン

2月14日はバレンタインです。おやつ作りでミニ生チョコケーキ… もっと読む »

イベント
2022.2.8
ハートフルホーム八幡グループホーム 節分イベント

2月3日は節分という事で、午前中はそば打ちを行い、昼食に提供… もっと読む »

五感の生活
2022.1.24
八幡グループホーム 地域のお正月

毎年お正月には近くの団地の公園で初出式が開催されています。地… もっと読む »

生活リハビリ
2022.3.16
【動画あり】祝・西奈小規模 生活リハビリ大賞2021『小規模部門』大賞受賞

この度、アクタガワの社内コンクール『生活リハビリ大賞2021… もっと読む »